ニュース
ホーム /ニュース /

今後5年間の新エネルギー開発動向予測

今後5年間の新エネルギー開発動向予測

2022-12-08

国際エネルギー機関 (IEA) は、「再生可能エネルギー 2022」レポートを発表し、世界の再生可能エネルギーの新たな設備容量について大胆な予測を行いました。次の 5 年間で 2400 ギガワットで、これは昨年の同時期より 30% 増加しています。」


レポートによると、「再生可能エネルギーは、今後 5 年間で世界の電力拡大の 90% 以上を占めるようになり、2025 年初頭までに再生可能エネルギーは石炭を抜いて世界最大の電力源になるでしょう。電力構成におけるそのシェアは、 10%ポイント上昇し、2027年までに38%に達すると予想されています。」


また、中国が発表した「第 14 次 5 カ年計画」では、中国は世界の再生可能エネルギーの新規導入容量のほぼ半分を占め、再生可能エネルギーの新規導入容量の主力になると述べています。


ちなみに、2022 年 5 月、ベルギー、デンマーク、ドイツ、オランダは、2030 年までに少なくとも 65 GW、2050 年までに 15 GW を展開する 1,350 億ユーロの洋上風力発電契約であるエスブイェルグ宣言に署名しました。



 
伝言を残す 伝言を残す
10年のソーラー経験の専門チームにより、SIC SOLARは「顧客サービスは核心」の経営理論を主張し、販売後の優れた顧客サポートを提供しました。